「にんにく」の臭いの原因は?

臭いの原因は「にんにく」の素晴らしい薬効成分でもあるアリインにあると言われていますが、このアリインは無臭なのです。「にんにく」を切ったり、噛んだり、すったりすることで、このアリインがアナリーゼという酵素と反応を起こしてアリシンという物質に変化し、あの独特の臭いが発生します。「にんにく」を生で食べると、このアリシンが口の中や体内から臭ってきます。アリシンは加熱や酸化などによってイオウ化合物のさまざまな成分に変化しますが、これらもまた臭いがありますが、アリシンよりは臭いが少なくなります。
そのため「にんにく」は生が一番臭いということになるのです。アリシンやイオン化合物の臭いはイオウの臭いがあり、体内で分解されるときにはアンモニアやピルビン酸を発生させます。これらの臭いが「にんにく」の臭いなのです。

 

「にんにく」の臭いが消える時間

「にんにく」を食べた場合、口臭と体に吸収され多成分が体臭となって臭う場合があります。口臭の「にんにく」の臭いは約3時間で消えると言われています。ただし歯の間などに「にんにく」のカスが残っている場合はいつまでも臭いが消えないこともあるので、歯磨きをするといいでしょう。

 

しかし体内に吸収された臭いは体臭に混じるため、意外と長い時間消えないことがあります。腸や肺から出るにんにく臭は、口から出るので口臭と感じることが多く、口臭もなかなか消えないと感じてしまうのです。「にんにく」は消化、吸収された後に血液を通って全身をめぐることに。その間臭いは全身から発することが考えられます。体に吸収された「にんにく」の臭いが消えるのは、摂取量にも関係してきますが、大体一般的には約15時間程度と言われています。

 

「にんにく」の臭いを消すには

「にんにく」が吸収されてしまうと、もう消すことはなかなか難しくなります。そこで臭い対策は消化される前に行うことが大切だと言えるのです。つまり「にんにく」の調理法など食前や、何かと一緒に食べるなど食中にポイントがあります。

 

「にんにく」を丸のまま加熱

アリシンを切ったり、噛んだり、すったりすると、アリナーゼという酵素と反応してあの強い臭いが発生します。アリナーゼは熱に弱いので、「にんにく」の1片をそのまま加熱すると、切ったり、噛んだり、すったりしてもアリナーゼが働かなくなり、臭いは相当減らすことができます。にんにくを使う前に電子レンジでチンしてみましょう。

 

「にんにく」を加熱料理する

「にんにく」をみじん切りやスライスに切って、それを煮たり、炒めたり、加熱調理することで臭いがだいぶ軽減されます。切ったときにはアリシンが発生して相当「にんにく」の臭いはありますが、加熱調理するとずっと減少します。
切ったりすったりしたときに発生したアリシンは加熱によって、イオン化合物に変化し臭いも減少するのです。栄養的にはイオン化合物もアリシンと同じような働きがあります。ただし殺菌力、抗菌力を引き立たせたい場合は生のままか、一片のまま軽く加熱してアリシンの状態で摂取した方が有効です。

 

ポリフェノールと一緒に食べる

「にんにく」はポリフェノール成分の多いものと一緒に食べることで、臭いがだいぶ減少すると言われています。そこで料理に使う野菜もポリフェノールの多いものを使いましょう。リンゴやパセリはポリフェノールも豊富でその香りが「にんにく」の臭いを消す効果があるとも言われています。

 

リンゴ入り野菜ジュースなどと一緒に食べてもよいのではないでしょうか。また食事中にポリフェノール豊富な赤ワインや、カテキンやフラボノイドが豊富な緑茶やウーロン茶を飲むのもおすすめです。ジャスミンティーやマテ茶なども良いと言われています。

 

肉や魚と一緒に食べる

アリシンとタンパク質、脂質、ビタミン、カルシウム、リンが結合すると、アリシンの働きを高めながら臭いを抑えると言われています。肉や魚などタンパク質や脂質の多いものと一緒に食べることで、アリシンの臭いが抑えられるのです。食後すぐに牛乳やヨーグルトを摂取すると良いというのも、牛製品のタンパク質がアリインを包み込むためと言われています。「にんにく」料理のデザートは、牛乳やヨーグルトを使ったものがおすすめです。

 

食後の歯磨き、洗口液、胃で溶ける消臭剤、口臭剤など

食後、口の中に「にんにく」のカスが残らないように、キレイに歯磨きをするとより口臭を防ぐことになります。他にも洗口液でうがいをするのもおすすめです。ただしこれは口臭に関してだけの対策となります。口臭剤やガムなどは使用しているときだけ少しごまかすことができますが、連続的に使用しなければ基本的にはあまり役立ちません。また胃の中で溶ける消臭剤なども、今ひとつ物足りなさを感じるのではないでしょうか。

 

代謝を高める

代謝を高めて体から出てくる体臭などを汗などで出してしまうという方法があります。食後、代謝を高めるために運動や半身浴、サウナなどを利用して「にんにく」の臭いを排出。即効性はありませんが、少しでも臭いを早く消したいときには有効です。