「にんにく」の殺菌力

「にんにく」の有効成分アリシンが殺菌作用に深く関わっています。アリシンは強力な病原菌であるチフス菌、コレラ菌、淋病菌、サルモネラ菌などにも有効に働くのです。「にんにく」の精油を12万倍に薄めたもので、チフス菌やコレラ菌を殺菌したという研究報告や、スエーデンの実験では1日1200mgの「にんにく」を摂取した被験者は、摂取していない被験者と比べて、ダニに刺される数が少ないという臨床報告もあるのです。

 

最近の研究ではピロリ菌の殺菌にも有効であるという研究報告もあります。このように強力な抗菌力や殺菌力はアリシンの働きと言われていますが、アリシンが分解されてつくられるイオウ化合物も強力な抗菌力・殺菌力を持っているのです。また最近弘前大学の研究報告によると、大腸菌0-157や炭疽菌にも有効であるという報告も発表されています。

 

イオウ化合物の1つ、ジアリルスルフィド(二硫化アリル)は医療現場で利用されており、特に手術時に抗菌剤として使用。またカビや細菌、微生物の成長を阻害するという働きもあり、食中毒を引き起こすカンピロバクターに関しては、一般的に使用される抗生物質の約1,000倍の効力があるという論文報告もあります。またイオウ化合物のアホエンにも強い殺菌力があり、水虫やカンジダ症などの治療に役立ちます。

 

このように「にんにく」の持つ抗菌力や殺菌力は、さまざまなところで高く評価されているのです。「にんにく」には薄皮が白いタイプと薄紫のタイプがありますが、抗菌力・殺菌力の面では薄紫の薄皮の方が強力であり、加熱した「にんにく」より生の方がより強力だとも言われています。

 

家庭でも、すり下ろした「にんにく」1片に対して水100mlで薄め、体や食器などの消毒としても使用できが、この方法では「にんにく」独特の臭いが気になるため、なかなか難しいかも知れません。しかし特に食中毒に注意したい生食などには、「にんにく」を添えるなど意識すると良いのではないでしょうか。

 

「にんにく」の抗菌・殺菌力の注意点

「にんにく」の抗菌・殺菌力はご紹介したとおり、とても強力であるからこそ注意すべきこともあります。特に生の「にんにく」を食べ過ぎることにより、腸内の善玉菌を減らしてしまうということがあるのです。大量に生の「にんにく」を食べたり、食べ続けることで腸内環境が悪化することがあります。

 

適量に食べていれば腸内環境に対しても有意に働きますが、適量を超す食べ方には注意が必要です。「にんにく」の適量は生なら1日1片程度、加熱したものなら1日2〜3片程度と言われており、この程度であれば特に問題はありません。ただし胃腸の弱い人は、生の場合なら半片ぐらいから様子を見ていきましょう。