福地ホワイト六片(ふくちほわいとろっぺん)

青森県田子市が発祥で、現在国産トップクラスのブランド「にんにく」です。寒地で栽培されている品種ですが、現在は青森県南部にも普及しています。青森県は「にんにく」生産量日本一。特徴は外の皮が雪のように白く、りん片がふっくらして安定感が良く、大きいところが特徴です。また糖度が高く辛みとのバランスも絶妙でマイルド感の高い「にんにく」となっています。りん片は約6個、全体の玉が大きい「にんにく」です。

 

富良野(ふらの)

北海道で栽培されている寒地型の種類です。外皮は白いものの薄皮は赤褐色。同じ寒地型の福地ホワイト六片とは違い、茎にんにくや葉にんにくにも適しています。りん片は6個前後です。

上海早生(しゃんはいわせ)

基本的には暖地型の「にんにく」で、九州や四国地方で栽培されています。熟成が早く、収穫も早いと言う特徴があります。外皮は白く、りん片は12個前後でとても多く1つひとつが小さいタイプです。

壱州早生(いっしゅうわせ)

長崎県壱岐市が発祥の暖地型「にんにく」です。同じ暖地型の上海早生にくらべ熟成は遅くなります。外皮は薄い淡褐色でりん片は小さめで12個前後です。

沖縄早生(おきなわはやせ)

沖縄で栽培されている「にんにく」で成長がとても早く、収穫も早くなります。寒地型「にんにく」のように生育が止まる休眠時がないので、生育し続ける品種です。りん片は12個前後で小さめ、色は薄い桃色となります。

遠州極早生(えんしゅうごくはやせ)

静岡県の西部で昔から栽培されていた品種です。沖縄早生と同じように極早生の品種で休眠がなく、とても早く収穫できるタイプです。特にサイズが小さいりん片で約12個前後、薄皮は紫色。

北海道在来種(ほっかいどうざいらいしゅ)

北海道では昔から栽培されていたピンク色の「にんにく」です。他の種類よりウイルスに強く丈夫です。しかしホワイト種を取り入れる農家が増えて、今は希少な品種となっています。フラボノイドを豊富に含んでおり、香りの強い辛みのある「にんにく」です。

島にんにく(しまにんにく)

沖縄で昔から栽培されている品種です。粒が小さく、香りのとても強い特徴があります。葉にんにくとして炒めものや、刺身の添えにも使われています。

山東にんにく(さんとうにんにく)

現在輸入「にんにく」の多くは中国からですが、ほとんどがこの山東にんにくです。山東省は中国の中でも「にんにく」の産地と言われており、山東省で作られた「にんにく」を山東にんにくと言います。品種の定義がはっきりしていないので、実はいろいろな品種が混ざっているようです。

 

大きく分けると山東省金郷と蒼山の2つがあります。金郷タイプはりん片が小ぶりで三日月形。辛みの少ないマイルドタイプで、日本やヨーロッパなどでも人気です。蒼山タイプはりん片が小ぶりで丸っこい形をしており、辛みが強く、韓国や中国で好まれています。

一片種にんにく(いっぺんしゅにんにく)

中国産ですが、最近は日本でも栽培されている一片種にんにく。名前のとおり直径3センチぐらいの球形で、まるでタマネギのように皮の中には一片の「にんにく」です。臭いが弱く、使いやすいことからも人気があります。

無臭にんにく(むしゅうにんにく)

別名エレファントガーリックとも言われており、通常の「にんにく」の5倍以上の大きさになりますが、生物学上は西洋ネギの仲間です。臭いがほとんどないことから、「無臭にんにく」として売られています。「にんにく」より臭いがとても少ないので「にんにく」嫌いな人にはおすすめですが、好きな人には物足りないかも知れません。水分が多く、そのまま揚げたりするとほくほくとした栗のような食感で人気です。国産でも作られています。

「にんにく」の輸入と国産に関して

「にんにく」は現在日本では、国産と輸入でまかなっています。国産では、1位は青森県で約9.940トン出荷、2位は香川県で約745トン出荷、3位は宮崎県で約523トンの出荷です。国産出荷量は約14,500トンと言われています。
(出典:2013年農林水産省統計)

 

輸入は7カ国から輸入されており、1位は中国で輸入量は約18,429トンと輸入の大半を占めています。2位はアメリカで約197トン、3位はスペインで179トン、4位はアルゼンチンで60トンです。2014年の輸入量は約18,868トンと国産を上回る量となっています。
(出典:財務省統計)